ネット利用で電子回路やパターン図を入手

電子工作を楽しみたい時にはキット品を購入する方法と電子回路を作り、基板を製作、そして電子部品を購入する方法があります。
電子回路を自ら作る事が出来ない人もネットを使えば電子回路やパターン図を入手出来ますし、回路に必要な電子部品も通販店で購入が出来ます。

電子工作の始め方教えます

電子工作に必要なものは電子回路とプリントパターン、そして電子部品です。
電子回路は自ら回路設計を行う方法と他の人が製作した回路を使わせて貰う方法があります。
電子回路はネットの中で公開が行われているものがあるので、何を作りたいのかを決めて検索をしてみましょう。
例えば、オーディオアンプを製作してみたいのであれば、「アンプ回路」と言ったキーワードで調べればアンプの回路を公開しているサイトを見つける事が出来ます。
電子回路が見つかった後は、電子部品を実装するためにプリント基板を作る必要があります。
プリント基板を作る時にはパターン図が必要ですが、サイトの中にパターン図が掲載されているのであればそれを使わせて貰うと良いでしょう。

プリントパターンは部品のピッチに合わせておく

電子回路とプリントパターン図の入手が出来た後は、プリント基板製作に取り掛かります。
プリントパターンを透明の紙に印刷する、感光式基板を使ってパターンを転写と言う流れになりますが、一つ注意をしておく事があります。
サイトの中で掲載されているパターン図は必ずしも原寸大ではなく、拡大縮小が行われている可能性もあります。
ICやコネクタなどの電子部品はピンのピッチが決まっているので、電子部品のピッチに合わせて印刷を行わないと、部品が実装出来ないなどの失敗に繋がる事もあります。
生基板を購入する時には、必要な電子部品も同じお店で購入しておいて、印刷したパターン図が原寸大になっている事を確認してからプリント基板の製作に取り掛かるのがお勧めです。

電子部品を購入する時の注意点

電子工作に欠かせない電子部品を購入する場合、通販店を利用すればお店に行く手間を省けます。
お店で電子部品を購入する場合、通販店で購入する場合、必ず行っておく事は回路図に記載してある電子部品のリストを作成しておく事です。
ネットの中にある紹介記事には電子部品のリストが掲載されている事がありますが、稀に部品が足りないケースもあるので、回路図とリストを照合するなど、購入する部品がすべてリスト化されているのかを確認しておきます。
通販店を利用する場合は、リストを見ながら必要な電子部品を選び、カートに入れる形で買い物が出来ます。
尚、抵抗器にはワット数、コンデンサなどには耐圧などがあるので、回路図に記載されているものを購入するようにしましょう。